部落解放同盟全国連合会第24回全国大会

(2015年02月12日)

と き:2015年3月28日(土)12時30分
                        3月29日(日)9時
ところ:荒本人権文化センター
(大阪府東大阪市荒本2-6-1)

全国連第24回大会に参加を!

(2015年02月12日)

4月寝屋川市議会議員選挙に勝利しよう!
狭山再審勝利! 住宅闘争で新たな決戦へ!

    全国の同盟員、共闘の皆さん。部落解放同盟全国連合会(以下、全国連)は来る3月28日(土)〜29日(日)、大阪・荒本人権文化センターで第24回全国大会を開催します。部落解放運 全国連第24回大会に参加しよう(写真は昨年の第23回大会) 動の再生への「新たな挑戦」の3年間の苦闘のうえに、全国連はいよいよ勝負にでます。
    2015年は、安倍政権の「集団的自衛権の行使」にむけた安保関連法案の整備をはじめとした本格的な憲法改悪攻撃、労働法制の改悪、社会保障制度の切り捨て、増税など諸反動政治との全面的な決戦の年となります。全国連は第24回大会をもって安倍政権と真っ向から対決し、部落解放運動の再生の道を指し示します。その最大の決戦こそ4月統一地方選挙への総決起です。全国連は寝屋川市議会議員選挙にきむら予定候補をたて、絶対に勝利をつかみとります。
全文を読む

東京高検が証拠リストを開示

(2015年02月12日)

1・26青年部を中心に要請行動 2015年狭山のたたかいを切り開くー要請行動報告
    1月26日、全国連青年部を主力として狭山要請行動に立ち上がりました。
    22日に『証拠リ 全国の青年が東京高裁にシュプレヒコール(1月26日) スト』が開示されたと、NHKニュースで報道された直後の要請行動でした。東京高検が、拒否してきた『証拠リスト』を開示させたことは狭山再審にとって大きな成果です。埼玉新聞の報道では、「東京高検以外に証拠が存在する可能性」「捜査書類なども含めた全証拠リストの開示も必要」と徹底した証拠開示が必要とされています。
全文を読む

新春のつどいが大成功(きむら選挙)

(2015年02月12日)

いよいよ本番! 寝屋川市議選必勝を きむら秀幸さんを市議会へと新春のつどい(2015年1月25日寝屋川市民会館)
事務所びらきは3月15日

    兄弟姉妹の皆様、寝屋川では今、春の統一地方選挙に向けて、新たな挑戦を行っています。
    きむら予定候補は、毎朝寝屋川市駅(京阪)、香里園駅(京  阪)、地元の東寝屋川駅(JR)で順番に駅頭に立って懸命の訴えを行っています。
全文を読む

安倍極右政権を打倒しよう!

(2015年02月12日)

弱者切り捨てと大企業優遇、集団的自衛権行使ー憲法改悪に反対しよう
    2014年末の総選挙で自民党が大勝し、安倍政権の続投が決まった。だ イスラエルのネタニヤフと握手、中東人民に敵対する安倍 が投票の中味を見ると多くの国民は安倍を支持せず、野党の不甲斐なさに助けられたことが明らかになります。52.66%の戦後最低の投票率、比例区での自民党への投票率は33%で全有権者の17%の支持しかないのです。わたし達は選挙の結果に失望することなく勝利の確信を持って安倍極右政権と対決せねばなりません。

全文を読む

不屈のたたかい『前例』やぶる! 高検、手持ち「証拠」リストを開示!

(2015年02月12日)

44点の未開示証拠が存在
    1月22日付けで、東京高等検察庁は、高検に領置されている狭山事件関係の証拠物279点のリストを開示した。リストに  はこれまで存在が明らかでなかった44点の証拠物が含まれており、石川さんの筆跡がわかるハガキも含まれているという。
全文を読む

空に突きさせ糾弾の拳!!敢然と狭山闘争の先頭へ!!

(2015年02月12日)

1/26青年部狭山要請行動報告
●小林青年部長

    1月26日、青年部を中心に今年初となる狭山要請行動をやり抜きました。関東、関西、中四国、九州、 東京高検前でシュプレヒコール(2015年1月26日) 全国各地から権力の中枢である東京に仲間が決起して、「狭山差別裁判糾弾!!」を叩きつけてきました。
    今回は、直前に検察が狭山に関する『証拠リストの開示』がされて、間もなくの情勢ということもあり、とても緊迫したタイミングではありましたが、これをチャンスであると捉え、全力で決起してきました。参加した青年の率直な感想や、参加できなかった仲間の気持ちをいくつか掲載していきたいと思います。
全文を読む

医療・介護など社会保障の改悪許すな!(第2回)

(2015年02月12日)

国による医療や介護保険制度の「丸投げ」反対
    国保や介護保険制度は、これまで市町村へのとりくみでした。医療・介護総合法では、「効率的な医療供給体制」にするとしています。
    国は、2018年までに国保の運営責任を市町村から都道府県に移す計画です。都道府県には、病院の病床(ベッド)数を機能ごとに再編する権限が与えられます。(2015年通常国会提出)。
全文を読む

一方的な改良住宅家賃値上げを許さない 奈良で5地区17自治会が共同で議会請願

(2015年02月12日)

紙ぺら1枚の値上げ通告に怒り爆発     奈良市は、2016年(平成28年)4月1日から改良住宅に「応能応益的家賃制度等」を導入するため、昨年末に市内改良住宅など720戸余りを対象に地元説明会を開きました。市内5地区の住民は、「市の一方的な言い分で家賃値上げは認められない。」「市営住宅家賃検討委員会の一律定額家賃が最善と答申した事を無視するのは許せない。」「仲川市長を連れてこい。」と、説明会は、住民の怒りが爆発して説明会になりませんでした。この状況の中、対象の5地区17自治会の代表が一堂に会して、話し合いが持たれました。
全文を読む

各地から新年にかける想い(承前)

(2015年02月12日)

村全体の狭山闘争の復権を   茨城県連合会
    昨年暮れの総選挙を受けて、2015年は私たちにとって大きな節目の年になるでしょう。
    安倍政権は立て続けに反動政治をつきすすむでしょうが、それは必ず国民大衆の生活や願いとぶつかることになります。
全文を読む

狭山、選挙、住宅、8・6ヒロシマ反戦、反核・反原発の共同闘争で勝利の年に!

(2015年01月13日)

2015年 解放運動の新境地を!
部落解放同盟全国連合会 委員長 瀬川博
瀬川博 部落解放同盟全国連合会委員長
    新年にあたり、同盟員をはじめ全国の兄弟姉妹、読者、たたかうみなさま方にごあいさつ申し上げます。
   私たち全国連は昨年、狭山第3次再審闘争と住宅追い出し攻撃とのたたかいを軸にしながら、各地であらたな挑戦を実践してきました。
    狭山再審闘争では、要請行動をあらたな地域からの掘り起こしと結びつけ、要請ハガキや一言メッセージを武器にして地域に入り、再度、狭山闘争の広がりを作り出そうとしました。またあらたな狭山陣形づくりの模索も始まりました。

全文を読む
▲このページのトップにもどる