投稿 狭山現地調査に学ぶ

(2014年04月02日)

    3月16日、インターネットサイト「狭山事件を検証する」のよびかけで行われた狭山現地調査に参加しました。「狭山再審を求める市民の会・こうべ」としては、3回目の現地調査参加となりますが、その度に、新たな「発見」があります。
Oさんの証言の意味
    今回、1981年に証拠開示されたOさんの自筆の調書について改めて学びました。
    Oさんは、石川さんが「雑木林で殺した」と自白しているとの報道に驚き、「そんなはずはない。自分は事件当日、雑木林のすぐ側の畑で農作業をしていた。悲鳴も聞いていなし、人影も見てい とても見晴らしがよく、いつ来ても何人もの人が農作業をしているが、事件当日石川さんと被害者を見たという人はいない ない」と自ら警察署に出向いてこの調書をつくったと言います。
    Oさんは自分の証言が裁判で取り上げられると固く信じていました。そして、有罪判決が下されたからには、もっと有力な証拠があったに違いないと考えていました。
    その調書が検察官によってもみ消されていたことをOさんが知ったのは、有罪判決が確定してから後のことだったのです。「自分はいつでも法廷にたつ」と言い続けているOさんの怒りにはじめて合点がいき、その勇気に胸を打たれる思いがしました。
    雑木林が殺害現場ではなかったということだけでなく、警察が石川さんを犯人にするために証拠を隠してきたことを証明するOさんの証言を、何としても再審で実現しなくてはなりません。

全文を読む

狭山第三次再審闘争に勝利しよう 全国連第23回全国大会議案草案

(2014年04月01日)

1 第3次再審に決着をつける年
    昨年は、狭山事件で石川一雄さんが不当逮捕されてから50ヵ年という節目の年でした。 私たちは国家権力による部落への暴力的な差別襲撃に対する怒りと、石川さんを先頭とする50年間の不屈のたたかいによって部落解放運動の 手ぬぐい配布一覧表は捜査段階で書き換えられていた 戦闘的な発展を切りひらいてきた狭山闘争の重大さをあらためて確認し、第3次再審闘争に勝利することを誓いました。
    同時に、部落解放運動の現状を率直に見すえ、村の団結の復活と解放運動の「新たな挑戦」のなかに狭山闘争を位置づけ、解放運動そのものをよみがえらせていくとりくみと一体で狭山闘争をたたかっていこくことを確認しました。 狭山第3次再審闘争は、いま最大の正念場を迎えています。反動的差別的な棄却攻撃を許さず、東京高裁・河合裁判長に何としても事実調べ・再審開始を決定させなければなりません。
2 検察はすべての証拠を開示せよ
    三者協議をめぐる攻防の中で、検察から130点をこえる証拠を開示させてきました。この中には、逮捕当日に石川さんが書かされた上申書、郵便局や級友のインクビン、手拭いの配布メモなど、重要な証拠が含まれていました。 その一方で、殺害現場とされる雑木林での血痕検査報告書や死体のカラー写真など、開示勧告を受けた重要証拠をはじめ、証拠リストなど弁護団が求めている多くの証拠について、検察は「不見当」「開示する必要がない」などとして開示していません。 それどころか、石川さんが犯人だとする鑑定書・意見書さえ出しています。 証拠を隠して居直る検察を徹底追及し、すべての証拠を出させましょう。
全文を読む

第23回全国大会に参加しよう

(2014年03月02日)

「新たな挑戦」勝負の1年!
    今年こそ狭山闘争に勝利しよう!
    住宅取り上げ反対、奈良・西宮のきょうだいを守ろう!
    安倍政権と対決し選挙闘争の前進へ!

   4月12日~13日 東大阪市荒本人権文化センター
    部落解放運動の再生をめざす「新たな挑戦」は、その勝負をかけた3年めです。待ったなしに「新たな挑戦」の具体的な実践に突入します。2014年の 本年、第1回めの狭山要請行動にたちあがる(1月28日 検察庁前) 重要課題―狭山、生活防衛、選挙準備のいずれにおいても、その点をぬきにはありません。そのため、全国連は4月12日~13日、第23回全国大会を開催します。また、そこにむけて、1月26日には議案書起草委員会を開催。2月22日~23日には、拡大中央委員会を開催します。全国一丸となった大会へのとりくみを訴えます。
20戸50人に住宅明け渡し判決!
    新年早々の1月16日付、最高裁は兵庫・西宮芦原地区の住宅裁判において、住民の上告を棄却し、明け渡しを支持する決定を下しました。絶対に認めることはできません。そもそも元々の我が家を提供して建設された改良住宅です。長年そこに住む20戸50人もの住民から、行政としてのまともな話し合いの一度もなく、裁判にかけ、住宅を取り上げるというのです。改良住宅にたいしては、戦後かってなかった攻撃です。
    芦原支部は、住民集会、市への申し入れ行動、議会への請願署名など、必死の抗議にたちあがっています。「西宮のきょうだいを守れ」と関西、全国からも声を集中しています。
    芦原のきょうだいの口惜しさ、怒りはいかばかりでしょうか。しかし、勝負はここからです。ここからこそ、「新たな挑戦」にうってでて、大きな陣形で西宮市の強行を許さない状況をつくりだしましょう。
全文を読む

西宮・芦原からの20戸50人の追い出しを許すな!

(2014年03月02日)

上告棄却決定を弾劾する! 芦原地区自治会連合
(兵庫・西宮芦原地区住民に対する住宅追い出しを認める最高裁の上告棄却決定に対し、芦原地区自治会連合が弾劾声明を発表しました。全文を掲載します)
はじめに
    2014年1月16日、最高裁判所は私たちの上告を棄却しました。上告からわずか128日の決定は、多くの関係者が「これまで経験したことがない」と言う早さです。時あたかも最高裁に和解勧告を出させるための上申書の文面が確定し、さあ最高裁宛に郵便 住宅追い出しを許さない! 西宮市に申し入れ 最高裁の反動決定を許さずたたかいぬく(2・5市役所で) で出そうとしていた矢先のことでした。
    長いたたかいで、寝たきりになり自分では食事をとれない人、名義人はガンで手術を受け働けなくなり、妻が10万円に満たない収入で家計・通院費を支えてる人、長引く不況で仕事が激減し、貯金を切り崩すことでなんとか生活を維持している人、月の年金は3万円強という今年92才になる一人暮らしの人、ケガや発病によって退職を余儀なくされ、貯金を切り崩すことでなんとか生活している人、姉が脳梗塞で半身不随になり、自分たちの住む団地に呼び寄せ、ようやく手厚い介護ができるようになった矢先の人、子どもが高校生になっても収入が20万円に満たない母子家庭、定年退職し、貯金を切り崩す生活をしている人、夫婦とも2級の障害者手帳を持っている世帯、障がいを持つ叔父を扶養しながら母も住宅からの退去を求められている人、生活保護費と年金あわせて月8万円の収入で生活している人・・・。
    西宮市はこれらの住民を問答無用に追い出そうというのか! 住民一人ひとりの生活に想いをはせることすらせず、路頭に放り出す判決を良しとする最高裁というところに血も涙もないのか! あらためて怒りがわいてきます。
全文を読む

部落解放同盟全国連合会 第23回全国大会

(2014年03月02日)

と き:1日め 2014年4月12日(土) 12じ30分開会
           2日め 2014年4月13日(日) 9じ開会
ところ:荒本人権文化センター(大阪府東大阪市荒本2-6-1)

第16回狭山三者協議が開かれる(1月31日)

(2014年03月02日)

    1月31日、第16回三者協議が開かれました。それに先立つ12月と今年1月、弁護団は万年筆インクに関わる新証拠と「秘密の暴露」とされていた車の駐車に関する新証拠を提出しました。
万年筆とインクについて
    昨年7月の第14回三者協議で開示された、被害者使用のインクびん、級友のインクびん、郵便局のインクびんの3つのインクびんを写真撮影し、被害者使用のインクが他の2つのインク(ブルーブラック)とは異質である事を明らかにしたものです。石川さん宅から発見された万年筆のインクもブルーブラックであり、発見された万年筆が被害者のものではないことを明らかにしました。
    また被害者の日記から、4月27日にインクを補充しており5月1日時点ではインクが7割も残ることが再現実験で明らかとなりました。
    被害者が下校時に万年筆のインクを補充したからライトブルーのインクがブルーブラックに変わったという筋書きは事実を無視したデタラメなこじつけでしかないことが明らかとなりました。
    そもそも発見された万年筆にはほとんどインクが残っていなかったとされているのです。確定判決はまったくつじつまが合いません。
    弁護団は検察側に、この万年筆のインクと被害者が普段使っていたインクの違いについて認めるか、釈明をもためたことに対して、31日の三者協議で検察側は争わないと回答しました。
全文を読む

1月28日狭山要請行動たたかわれる

(2014年03月02日)

「門野裁判長の開示勧告には、すべて出した!?」(狭山担当検事)ふざけるな!
隠し持っている証拠を全部出せ!

    全国連は1月28日、16回三者協議を前にして、今年初めての狭山要請行動をたたかいました。 全国から集まった要請団は村上副委員長を要請団長として、まず東京高検への要請行動に入りました。 証拠リストと全面開示について追及(東京高検) まずはじめに、要請団長から高検の証拠開示に関する姿勢について、この間の開示拒否の態度を追求しました。
    これに対し検事は 「証拠開示について、全く応えていないと言われるが、全くという意味ではそんなことはない」
要請団
「証拠を出す出さないの判断は誰がやっているのか」
全文を読む

全国から「石川さん無実、狭山再審開け」の声を巻き起こせ!

(2014年03月02日)

    狭山再審闘争は、掛け値なしに今年大きな山場を迎えています。
    わたしたちは昨年来、東京高裁、高検への要請行動を波状的、連続的に取り組み、全 「検察は全証拠を開示しろ!」(1月28日、東京高検) 国各地からの、「差別裁判糾弾、狭山再審開始への声よ届け!」とばかりにたたかってきました。
    そして今年、弁護団、高裁、高検による三者協議も大詰めを迎え、裁判所による何らかの判断が行われるのではないかといわれています。
    いまこそ狭山闘争を各地のたたかいに日常化させ、石川さん無実、再審を開けの声を掘り起こし、東京高裁、高検をゆるがす大運動をまきおこそう。
証拠のでっち上げ、改ざんは明白 検察は証拠を全部出せ
    狭山弁護団はこの春にも、証拠開示された取り調べの録音テープについての鑑定書を提出し、そのあと総括的な補充書を提出する予定だといわれています。それは東京高裁の何らかの判断が近づいている事を意味しています。
全文を読む

1・28 狭山要請行動の報告

(2014年03月02日)

捜査当局による証拠の改ざんは明らかだ 検察は隠し持つ証拠をすべて開示せよ!
    1月28日、全国連は狭山要請行動をおこないました。福岡から上京した村上久義副委員長を団長に、福岡、山口、大阪、茨城のきょうだいと福岡の共闘が参加しました。
証拠を開示せよ!
    午前中は検察に対する要請をおこないました。狭山事件を担当する白木検事と2人の事務官が対応しました。要請団は、はじめに証拠開示について 東京高裁前で無実を訴える石川一雄さん(2014年1月28日) 追及しました。検事は、「証拠開示について、まったく応えていないと言われるが、『まったく』という意味では、そんなことはない」とこたえました。しかし、要請団が証拠リストの開示、証拠の欠番について追及すると、「お答えできません」という態度です。
    要請団はさらに、「証拠の手ぬぐい配布メモで、捜査当局による数字の改ざんがあきらかになった。であるなら、他にも改ざんされたものがある可能性がある。全部の証拠を開示せよ」と迫りました。検事は、「具体的なことはお答えできないが、門野裁判長の開示勧告のものはすべて出した」などと言い放ちました。要請団は怒りをこめ、「不見当などと言って、出してないものがあるではないか!」と弾劾しました。検事は、「ないものは出せない。嘘つきと言われるなら答えません」などという始末です。要請団は、怒りをさらに強め要請文をよみあげました。
全文を読む

主張 辺野古に基地建設を強行する安倍政権打倒! 沖縄差別に怒りたたかう県民と連帯しよう!

(2014年03月02日)

    沖縄県名護市・辺野古の海をうめたて、新たな米軍基地をつくろうとする安倍政権の攻撃が昨年からいっそう強まってきています。
仲井真知事の屈服
    昨年、県民の新たな米軍基地の押しつけ、危険な新型輸送機・オスプレイの配備強行への怒りのまえに、沖縄の仲井真知事や沖縄県から選出された自民党に所属する国会議員ですら「辺野古への移設」に賛成できないという現状が生まれていました。
    これに焦った安倍や自民党らは、昨年1年間をかけて必死の巻き返しにでてきました。11月には石破幹事 故・萩原進さんの遺志を継ぎ闘う(大阪2月16日シンポジウム) 長が沖縄選出の議員らを党本部に呼びつけ、恫喝し、「辺野古移設に賛成」へと寝返らせました。そして、12月には安倍は、仲井真知事から辺野古沿岸の埋め立て承認をとりつけました。安倍は「沖縄振興予算を2021年度までの間に、毎年度3,000億円台を確保する」と金の大盤振る舞い、「5年以内の普天間基地の返還」など空約束をし、これに仲井真が「安倍内閣の沖縄に対する思いが、かつての、どの内閣にも増して強いと感じた」と応じ県民を裏切ったのです。本当に許せない茶番劇です。安倍政権は、あとは1月の名護市長選で「基地推進派」をかたせて、一気にことを進めようという魂胆だったのです。 

全文を読む

今年の婦人部大会は9月6日~7日 奈良で

(2014年03月02日)

2・2婦人部幹事会の報告
   2月2日、荒本会館において全国連婦人部22期第2回幹事会が行われました。
   
まず、第23回全国大会にむけて婦人の組織づくりについて、部落解放新聞の読み合わせと昨年11月の西之阪支部の強制執行に対するたたかいの教訓を出し合いながら話し合われました。また大会での全婦としての企画をどうするのか話し合われました。
    次に第23回全国連婦人部大会について、日程は96日(土)~97日(日)、開催

地会場は奈良に決定されました。
   
5月の狭山闘争への山場にむけて、全婦として昨年に引き続き婦人部独自で狭山要請行動を取り組むことが決定されました。日程についは、4月を予定しています。
   
毎回、幹事会で行われている一言学習会では北浦婦人部長が今回は講師をつとめ、夜間中学で学んでいる題材のひとつ「原発マネーに群がる暴力団、大飯原発の偽装請負事件」を学習しました。次回は小林副部長の「国家機密法」、次々回は茨城の井橋さんの「反原発のたたかい」と決定されています。
   
次回第3回幹事会は511日(日)午後1より行われます。

 

▲このページのトップにもどる