第19回三者協議とその前後の新証拠・証拠開示について-

(2014年10月27日)

検察の証拠隠し弾劾! 徹底した証拠開示をおこなえ!
    7月25日関源三巡査作成の6月23日付捜査報告書を新証拠として提出。 この捜査報告書は「被疑者石川一雄が取り調べの合間に本職にたいして語った言動」と題され、石川さんが逮捕後1ヶ月の6月23日に単独犯行を自白しはじめたその日に作成されたものです。石川さんが遺体の状況を知らなかったこと、自白が作られたものであることを示す重要な新証拠です。
    この「関報告書」によれば、石川さんは取り調べを行っていた3人の刑事を退席させ、見知っていた関源三と2人で話したとなっています。石川さんは「Yちゃんはどうなっていたんべい。それを教えてくれればわかるんだ」とたずねたと報告されています。関源三は第2審でも同じように証言しており、録音テープの内容も一致しています。
全文を読む

取り調べ録音テープを分析した浜田鑑定(1)-狭山再審闘争

(2014年10月27日)

「自白」調書は誘導によって作られた
    浜田鑑定は2010年5月に開示された取り調べ録音テープ11本と活字化した(反訳)ものをもとにして「請求人取り調べ録音テープの心理学的分析」を行ったものです。
    たとえば、被害者の遺体をいったん芋穴に逆さづりしていたものを農道の穴に運ぶところの話は、6月25日付警察側調書では「それから私はYさんの身体を引きあげると自分のもものところへ押しつけて持ちあげ、Yちゃんの頭を右の方にして運び、お茶の木の反対の麦畑の方の側から穴の中へYちゃんを落としました」となっている。
   しかしこの部分の録音テープでは、石川さんははじめ、芋穴から農道の穴まで「引きずって」運んだと取調官がなんど聞いても繰り返しています。
    取調官は「そらあなあ、よくな、考えて話しなさいよ。こういうふうに、えー、これが穴蔵か。な。これが穴蔵。こっちからか?」と具体的場面をイメージさせた上で「今言うようにな、あー、そういったふうに、こう、引きずってきたんだから、背中へ泥が***(テープがよく聞き取れないところ)じゃ、」と遺体に引きずったあとがないことを指摘され、石川さんは「抱いてきたです、わかんねえ。」と突然自白の中身が変わっています。取調官は「そういうふうに言われても私は困るんだよ」といいつつ、むしろ「抱いてきた」と繰り返す石川さんに「いいでしょう。そこまで言うんじゃ」とこの場面の調書が前述のように固められました。
    犯行を自白したにもかかわらず客観的状況とあわないものが数多くあります。次号では具体的なやりとりを見てみます。

袴田事件第2次再審 (静岡地裁)で再審開始決定

(2014年10月27日)

捜査機関の証拠ねつ造を断罪
    今年3月27日、袴田事件の第二次再審で静岡地裁は再審開始を決定した。
    注目すべき点は、死刑の執行停止に加え、拘置の執行停止を決定したことである。静岡地裁の再審開始決定はその理由として、「元被告は,捜査機関によりねつ造された疑いのある重要な証拠によって有罪とされ、きわめて長期間死刑の恐怖の下で身柄を拘束されてきた。・・・これ以上、元被告に対する拘置を続けるのは耐え難いほど正義に反する」と述べている。
    ここまではっきりと捜査機関の証拠ねつ造を断罪した例は今までにない。このねつ造された証拠というのが一年以上もたった味噌タンクから発見されたとされる、血染めの「5点の衣類」である。
    ひるがえって狭山事件を見てみると、捜査機関の証拠のねつ造がなんと易々と行われていることか。万年筆、時計、カバンの三大物 証をはじめありとあらゆる汚い手段で石川さんを犯人にでっち上げたのだ。何人といえども許されない。
全文を読む

寺尾差別判決40ヶ年糾弾!狭山再審闘争勝利

(2014年10月27日)

    今年の10・31は、寺尾差別判決から数えて40年をむかえます。狭山事件から51年、しかしいまだ石川さんの無実は晴らされていません。
    部落差別によってデッチあげられ、いわれなき「殺 狭山中央闘争(日比谷図書文化館2012年10月28日) 人犯」の汚名をきせられ、国家権力による差別犯罪のイケニエにされた、この差別裁判をただすのは石川さんと全国の部落のきょうだい、たたかう労働者・市民の共同の闘いです。なんとしてもこの三度目の再審請求で再審をひらかせなくてはなりません。
    10・26狭山中央闘争と27日の要請行動の連続したたたかいに全国連とたたかう仲間の総決起をかちとりましょう。
全文を読む

狭山要請ハガキ2014年

(2014年10月05日)

東京高裁・河合裁判長への要請ハガキです。ご活用ください。

狭山要請ハガキ2014年5月版

寺尾判決40カ年糾弾 再審闘争勝利 狭山中央集会

(2014年09月05日)

 日時:2014年10月26日(日) 日比谷図書文化館
         0時30分 開場 1じ 開始
場所:日比谷図書文化館
        
コンベンションホール
        (地下1階大ホール)

被爆69周年 8・6ヒロシマのつどいが成功!

(2014年09月05日)

「伝える つながる つづける」をスローガンに 反戦・反核・反原発、反差別の7年目の行動
【広島支部】
被爆69周年目の今年の8月6日は台風が来るという事で午前中に雨が降り込みましたがつどいが始まる頃は晴れていきました。
    司会が8・6のつどいアピールを読み上げて、7回目の「8・6のつどい」が始まりました。戦争や原爆、また震災、原発事故で亡く 8・6ヒロシマのつどいが成功! なられた方々に対して皆で黙とうをしました。
    その後山田公子さんによる「原爆を許すまじ」の歌を平和への願いを込めて歌っていただきました。心に伝わってくるきれいな歌声でした。
    呼びかけ人代表のあいさつで森島先生から意義ある8・6のつどいをこれからも一緒に長く続けようと高らかに宣言していただきました。
福島町の被爆者が証言

    そして、福島地区から李さんを筆頭に被爆者の方4人に壇上に上がっていただきました。
    李さんは、「入市被爆で全身にできものができた」と話され、日本の侵略の結果、8・6があった事を話されました。家族みんなが被爆されてやけどをして帰って来られたHさんは初めての登場でした。Tさんは小学校2年生の時被爆されて当時じっと凝視して今も記憶にある情景を語っていただきました。「ぼろをさげていると表現があるけど、あれは衣服ではなく人の皮膚や肉が垂れ下がって骨が見えた状態で歩く人がいました。救護活動で思わず目をそらしてしまいました。人間についたウジ虫を取る作業をしました。生きていた人も亡くなった人も焼かれていて今でも料理で魚を焼く事ができません。あまり思い出したくないです。」とたんたんと言われた言葉に会場の参加者も静まり返って聞き入りました。
全文を読む

被爆69周年 長崎にて「原爆犠牲者之慰霊式」に参加

(2014年09月05日)

     被爆69周年、8・9長崎にて 「原爆犠牲者之慰霊式」に参加 福岡・天神町支部から8・9長崎で行われた「原爆犠牲者之慰霊式」に参加した報告が寄せ 長崎で行われた「原爆犠牲者之慰霊式」(2014年8月9日) られましたので掲載します。
【天神町支部】
台風11号が超接近する8月9日、天神町支部は、被爆69年を迎える長崎へ行き、長崎郷土親興会主催の原爆犠牲者之慰霊式に参加しました。
    帝国主義戦争と部落差別の中で、被爆し命をなくし、また後遺症で苦しむきょうだい達と共に核廃絶、戦争反対の決意を明らかにしようと参加を決めました。
    この日は、長崎市主催の平和記念式典もおこなわれたのですがそうではなく、この式典に全国から部落のきょうだい達や小学生達100名余りが参加したことの意味は大きいとおもいました。
    主催者を代表して地元の中村支部長があいさつ。原爆は人類とは相容れないこと、700名を越えるきょうだい達がここに眠っており、その約半分が8月9日に命を奪われ、後の半分が原爆症の中で命を落としていったことを明らかにしました。
    そして、今日の安倍政権による集団的自衛権行使の閣議決定をはじめ戦争国家への道を進んでいることを絶対に許してはならないと批判しました。そして最後に、「みなさんお元気で、来年70周年でまた会いましょう」と言われました。その一言に込められた思い、怒り、決意が、参加者全員を奮い立たせたと感じました。 そして原爆が投下された11時2分参加者全員で、サイレンが響く中、黙祷を捧げ、読経の中、一人ひとりが慰霊塔に焼香し反戦反核を誓いました。
全文を読む

8・19狭山要請行動の報告

(2014年09月05日)

    8月19日、全国連は狭山第3次再審の実現のため、検察の証拠隠しを徹底糾弾し、東京高裁に事実調べを迫る要請行動をおこないました。この日の行動には、茨城県連 東京高裁を糾弾する要請団(2014年8月19日) 、江戸川支部と関西から駆けつけた荒本、野崎、芦原、古市のきょうだいが参加しました。
    午前11時、要請団はまず検察にたいする要請にはいりました。対応には狭山事件を担当する白木検事がでてきました。この日の要請では、狭山とおなじく権力による証拠ねつ造によるデッチ上げ事件である袴田事件をめぐって、検察が「ない」と言い続けてきた証拠のネガフィルムを、何と検察が自ら出してきたこと追求しました。

全文を読む

第22期第4回婦人部幹事会報告

(2014年09月05日)

【婦人部】7月27日第22期第4回全国連婦人部幹事会が荒本会館で行われました。9月6~7日に 奈良で開催される第23回全国連婦人部大会に むけた最後の幹事会ということもあり、大会の 実務的な内容の確認や任務分担などが主に話 し合われました。大会の成功にむけてより良い ものにするため企画の検討、進行など具体的に 詰めていきました。
    また、10・26狭山中央闘争へむけ、全婦とし ての企画も検討中です。
    最後に、恒例の一言学習会を今回は茨城の井橋 さんに講師になってもらい、今の福島のおかれて いる現状を反原発の立場から学習しました。
    幹事会終了後、関西の幹事は第23回全婦の開催 地である奈良・西之阪支部婦人の全戸ビラ入れ行動 に合流し、共に全婦成功へむけてビラまきを行いま した。
    9月6~7日の第23回全婦の成功のため、 みなさんの参加、メッセージの集中をよろしくお願いします。

9・6 9・7第23回婦人部大会(奈良) 10・26狭山中央闘争に総決起しよう!

(2014年09月05日)

     全国の部落の婦人のみなさん。労働者、市民のみなさん。
    来る9月6日、7日の二日間にわたり、奈良市内において第23回全国連婦人部大会を開催いたします。今大会は、同和住宅をめぐって、西宮の明け渡し反動判決、奈良・西之阪の住宅追い出しおよび反動訴訟へのわたしたち婦人の意思と回答を全国に明らかにするものです。部落差別と貧困とのたたかいは、わたしたちにムラで支え合うことの大切さや生きる力を示してきました。これまで住み続けてきたムラから追い出されてなるものか! 子どもや孫からふるさとを奪うな!  わたしたちは、生きるための声をさらに大きくしていきましょう。

全文を読む
▲このページのトップにもどる