2020年10月の記事   
中田潔書記長の逝去を悼む

9月5日朝、中田潔書記長が亡くなられました。享年
68歳でした。昨年5月に発見した胃癌にたいして、
不屈に立ち向かいつつ最後まで全国連書記長として
の任を全うされました。心から敬意と感謝を申し上げ
ます。

 中田書記長の生涯は、まさに部落解放運動のリー
ダーとしての生涯でありました。高校時代から、荒本

の若者を組織し、狭山闘争の先頭に立ちました。大

勢の解放奨学生を相手に、融和主義や反動的制動

を突き破って、解放の戦士として成長していきまし

た。若くして荒本支部書記長に就任し、故瀬川博委員

長とともに荒本支部の躍進を実現しました。

 1981年の大阪府連による処分攻撃に対しては、自ら先頭にたって、暴力団や
権力弾圧とたたかいました。
 三里塚闘争への荒本支部の総力決起も、中田書記長の指導力を抜きに語ることは
できません。

 1992年、全国連の創立に際しては、中央本部書記長に就任。差別糾弾、要求
闘争、共同闘争の三大闘争路線の確立のもと、全国連の階級的成長と大衆的発展の
ために、血のにじむような苦闘をくりひろげました。2007年の広島差別事件の
発生には、革共同への糾弾の先頭にたち、革共同との絶縁と全国連の新たな挑戦を
強力に指導されました。
 
 全国連のこんにちは、中田書記長をぬきに決して語ることはできません。とりわ
け狭山再審闘争において、全国キャラバン、ハンガーストライキ、波状的要請行
動、中央集会など、あらゆる場面で先頭に立ち、勝利のために牽引されました。
狭山意見広告運動の成功を最後まで気に留めておられました。

 中田書記長、長い間ご苦労様でした。ありがとうございました。中田書記長の遺
志をついで、全国連はたたかいぬきます。

2020年9月5日

部落解放同盟全国連合会 中央本部