柿収穫ボランティア活動レポート

(2018年01月22日)

 

九州北部豪雨からちょうど5か月経った今月6日,豪雨で行方不明になっていた女性の遺体が、遠く離れた久留米市の筑後川河川敷で見つかりました。これで犠牲者は38名となり,依然と3名の方が行方不明のままです。また,11月末までにすべての避難所が閉鎖されましたが、朝倉市と福岡県東峰村では仮設住宅107戸で220人が生活。みなし仮設住宅や公営・公的住宅で生活する人も,福岡・大分の両県で1000人以上に上り、今も合わせて1300人以上の方が自宅外での暮らしを強いられています。

 今回の豪雨で,朝倉市内の部落も大きな災害に見舞われましたが,村内の住宅10棟と村の主要産業である柿園に大きな被害が出た杷木S地区も,生活再建の取り組みが懸命に続けられています。この地区はブランド富有柿「志波柿」の産地として有名ですが,今回の豪雨で,村の人たちが営む12町歩の柿園に通じる農道は至る所で崩落、路面がデコボコに剥がれ,園内は大石や砂利、土砂-流木が流れ込み約6割に甚大な被害が出て,一時は今年の柿の収穫が絶望視されていました。しかし,村の人たちは,全国から寄せられた義援金などの支援にも支えられながら,農道の自主整備など懸命の復旧活動に取り組み,例年の収穫量には到底及ばないものの,被災を免れた柿園には見事な富有柿が一面に実っているのです。

 ところが,ここで新たな問題が持ち上がりました。災害復旧活動に時間をとられ,ただでさえ今年の収穫作業の開始が出遅れていたのに,先月末からの厳しい寒波が農家に追い打ちをかけているのです。柿は何度も霜が付くと果肉が柔らかくなって商品価値が下がってしまいます。寒さや霜で実が凍ると味や食感が落ちてしまうためです。二重被害を恐れ、柿農家は家族や親戚総出で収穫のピッチを上げなければなりませんが,部落では高齢化が進み,若手の人出が圧倒的に足りません。また,村の柿農家はそれぞれ一斉に作業をしなければならないので,村の人たち同士の助けあいも限られます。農協に人出を頼むと,柿の収入以上の人件費がかさんでしまいます。  

こうした村の状況を憂いた村上副委員長が,今月初めからS地区の柿収穫作業支援に連日入っていましたが,柿の収穫は全くの手作業のため,圧倒的に人手が足りません。そして時間との勝負です。急遽,村上副委員長から連絡を受けた災害対策本部は,12月9日と10日の二日間,柿の収穫ボランティアに取組みことにしました。急な呼びかけにもかかわらず,県下の兄弟や支援の方が二日間で延べ15名参加してくれました。

作業に入ったのは,S地区の近くにあるOさんの約1町歩の柿園。無数の富有柿が,まだ全く手つかずに実っています。Oさんに何本の木があるのか尋ねてみましたが,数えたことがないので,わからないとの返答。村上副委員長によると300本以上はあるとのことでした。作業に入る前に,自らも柿農家である村上副委員長に,収穫作業の注意点などを教えてもらい,各々が収穫かごやハサミをもって,柿の収穫作業に取り掛かります。

初めは,どの柿を採っていいのか戸惑う参加者でしたが,とにかく全部の柿をハサミで切り取り,商品になりそうな物はコンテナの中に,迷うものはコンテナの横に置くよう指示があり,少しずつ作業に慣れていきます。厄介なのは,熟し過ぎた柿です。最初にこれを取り除かないと,木が揺れたはずみで熟し過ぎた柿が頭の上から落ちてきます。実際に帽子の上から熟した柿の洗礼を受けた人もいました。片手で柿を持ち,もう一方の手のハサミで柿を切り取り,切り取った柿のヘタで他の柿を傷つけないように,ヘタをもう一度短く切り取る,そして収穫かごに入れ,溜まったら選別しながらコンテナに入れる,この作業が延々と続きます。コンテナに溜まった柿は,Oさんが運搬車で回収して回り,園内の作業小屋に運ばれます。作業小屋に運ばれたコンテナの柿は,選別作業に移りますが,ここはOさんの奥様が,高く積まれたコンテナの横で一人で黙々と作業をしてありました。

一日目は,昼食休憩をはさんで16時半まで,二日目は,朝から雨が降り出すという悪天候だったため,15時頃に作業を切り上げましたが,二日間でコンテナ400個近い柿を収穫することができました。しかし,作業を終わって柿園を眺めてみると,無数の富有柿が柿園いっぱいに実っており,どこを収穫したんだろうと気持ちになります。それだけ,まだまだ多くの富有柿が収穫を待っています。しかし,時間がありません。今週は,また寒波の襲来が予想されており,村上副委員長によると,残された収穫期限はあと1週間位が限度ではないかとのことです。

このため,災害対策本部は,12月16日と17日にも柿の収穫ボランティア活動に取り組むことにしました。みなさんの引き続きのご支援を訴えます。そして、完熟した甘い柿をぜひ現地でご賞味ください。


2017年12月11日

      福岡災害対策本部

   

9条守れ!安保戦争法案を葬り去ろう!

(2015年09月10日)

 【福岡・天神町支部】私たち天神町支部は、7月15日「安保関連法案衆議院特別委員会強行採決に反対して、緊急の村内ビラ入れ行動を行いました。私たち解放 運動は戦後一貫して「戦争は最大の差別!」として反戦の取り組みを行ってきました。戦争やらなきゃ生き延びれない社会などつぶれてしまえ! 今こそ全国連の 真価が問われています。廃案に追い込むたたかいを起こしましょう。この夏のたたかいを報告します。
   
全文を読む
   

10・25狭山中央闘争へ (山口・陶支部の取り組み)

(2015年09月10日)

     8.6ヒロシマ反戦・反核闘争で陶支部は、カモイの模型を急遽作り、会場で広島の青年と三人で狭山再審闘争を訴えました。
   
全文を読む
   

被爆70周年8・6ヒロシマにつどう「きずなinふくしま」をメインに

(2015年08月10日)

 広島市福島地区
地域、全国から反戦・反核・反原発、反差別の思い集まる
    被爆者の思いを受け継ぎ、反戦・反核・反差別の闘いを未来につなぐ
「被爆70周年 8・6ヒロシマ」が、「きずなin ふくしま」をメインに、8月6日、広島市福島地区において、実行委員会(代表 森島吉美さん)主催でおこなわれました。今回、はじめて被爆地の福島地区内で、午前はいきいきプラザ(旧隣保館)での屋内集会、午後は区役所前緑地一帯を「解放区」にしてステージを中心に開かれました。今号は、その速報、いずれ地元からの総括をお伝えします。 何はともあれ、毎週のように集まって準備された地元の皆様に心から敬意を表します。遠方からの皆さんの参加も、暑い中ご苦労様でした。
   
全文を読む
   

支部・県連大会が成功

(2015年08月10日)

 茨城県連第24回大会
【茨城県連】7月5日、守谷市で第24回県連定期大会を開催し 昨年より多くの支部員ら90名の参加で成功おさめる(茨城県連) 昨年より多くの支部員ら90名が参加しました。また地元の守谷市長、県行政、青い芝の会、狭山事件と人権を考える茨城の会をはじめ市民団体や議員から来賓の挨拶をいただきました。
    大会では2つの特別報告が行われました。第1は、全国連江戸川支部長の内本さんから「福島現地訪問の報告」。先月、福島県富岡町を訪問した時の状況を、写真を使いながら説明してもらいました。
    第2は、テレビで放映された、元アメリカ海兵隊委員の反戦活動をえがいた「9条を抱きしめて」を鑑賞しました。    
全文を読む
   

くらしを守り住宅をとりもどす7・5集会が成功 7月5日、芦原地区内で

(2015年08月10日)

     昨年、西宮市勤労会館で行われた集会から一年となる7月5日(日)、私たちは堂々と地元のど真ん中に集まり、くらしを守り住宅をとり戻す7・5集会を開催しました。集会には関西各地の全国連のきょうだい、共闘の仲間が数々の予定の重なりを調整し、かけつけてくれました。
   
全文を読む
   

被爆70周年 8・6ヒロシマへ!

(2015年07月10日)

  8・6ヒロシマ
福島地区のつどい

午前11時~広島市西区いきいきプラザ

(きずなinふくしま    正午から西区役所前緑地)
被爆者の闘いを受け継ぐとき
【広島支部】
今年は被爆から70年を迎えます。被爆者の平均年齢は80歳を超えました。いま、被爆者の思いを直接受け継ぐ最後のときです。いまこそ、被爆二世や三世、また残された世代の皆さんが、彼らの受けた痛み、悲しみ、怒り、それらを乗り越えてきたたたかいを引き継ぎ、核兵器や戦争をなくしていく。また差別を許さない声を広げていく担い手として、強い使命を抱いて世界へ登場していく。その決意を固める場として「被爆70周年 8・6ヒロシマ 福島地区のつどい」を開催致します。
   
全文を読む
   

支部・県連大会が成功

(2015年07月10日)

 【野崎支部】野崎支部は6月28日、第15回定期大会を開催し、運動のさらなる発展と組織建設・拡大に向けた支部の方針を決定しました。
   
全文を読む
   

連続する差別文書許さん! 荒本支部はたたかうぞ!

(2015年07月10日)

     荒本支部は、5月14日真相報告集会を開き差別文書事件に対する取り組みを開始しています。
    支部機関紙「闘魂」で、差別文書事件の内容をつたえ。5月25日 地域の中心に差別者を糾弾する立て看板 には、荒本住宅の14棟前に『差別者出てこい! 差別文書のまきちらし許さん! 差別糾弾闘争でたたかうぞ』の立て看板を設置し、荒本支部のたたかう決意を示しました。
    差別文書は、A4サイズの用紙にインクジェットのプリンターを使って印刷したものです。配布や郵送は、大阪だけにとどまらず兵庫や京都にまで及んでいます。内容も5月25日現在、3種類の文書が確認されました。兵庫県姫路市内の皮革業者へ郵送されたもの。地区名を記入し、その地区の郵便受けに配布しているものなどです。
   
全文を読む
   

住民医療と診療所を守る会第16回総会が開催される(6月14日荒本)

(2015年07月10日)

     6月14日、荒本平和診療所で住民医療と診療 地域医療の拠点・荒本平和診療所を守り発展させようと誓い合う 所を守る会第16回総会を開催しました。守る会の会員をはじめ100人が参加しました。
    東大阪国健会の代表から、「守る会」とともに医療や介護保険制度の改悪とたたかうとの連帯のあいさつ。全国連荒本支部の代表からは、悪質な差別文書が郵送に続き、地域内へ配布されるという形で続いている。部落差別を許さず、診療所を守るためにたたかうとの力強い挨拶がありました。
    新しいスタッフの紹介、守る会の活動報告と運動方針案が提案等に続いて、質疑では、「国のすすめる在宅医療の方向と、自宅で家族に看取られて死を迎えたいと望むこととは違うのですか」という質問がありました。
   
全文を読む
   
▲このページのトップにもどる